仕事の勘を取り戻す方法

介護職をしていて結婚や出産を機に退職した後、子育てが落ち着いて再び介護職に復職しようと考える方は多いのではないでしょうか。ところがその時気になるのが、ブランクです。空白期間があればあるほど、採用されにくくなるのではないかといった不安を感じる方もいるでしょう。しかし介護業界の場合、経験がある方の方が始めから教えるといった労力を省ける事になるため、採用されやすくなります。また介護職員初任者研修や介護福祉士などの資格も持っていれば、なおさら採用されやすくなるでしょう。

復職を考えた場合、まず自分の今おかれている状況や体の状態をしっかりと把握しておく事がとても大切です。またどのような雇用形態で復職を考えているのかを、はっきりとさせる事も大変重要になります。離職していた期間が短ければ、新しい職場に行っても自分の持っている知識がついてくるので問題はないですが、長期にわたって離職していた場合なかなか体もついてこないため、まずは仕事に慣れる事が一番のポイントになります。

介護職で必要とされる技術や知識やコミュニケーション能力は、毎日の仕事をする中で力を付けていけるものなので、実際に働くまではなかなか勘を取り戻す事は出来ません。仕事の勘を取り戻すのに最も効果的な方法は、以前に働いていた職場と同じような形態の施設に復職するか、ボランティアなどに参加する事です。そのようにしてできるだけ早く勘を取り戻しておく事で、新しい職場で働く事に抵抗や不安を感じずに済みます。また、自分にピッタリな職場を探しつつ、ブランクを乗り超える方法も頭に入れておけばスムーズに馴染むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です