介護のスキルを持つことの最大のメリット

圧倒的に人が足りていないのが、現在日本の介護業界の実情です。お年寄りの数は年々右肩上がりで増加していくのに対して、労働力となる現役世代の数は右肩下がりで減っていることが問題視されています。そのため、介護職であれば多少のブランクがあったとしてもすぐに現場復帰をして、また働き出すことが可能です。

通常の会社なら、ブランクがあればもう二度と復帰ができないケースも多いですが、介護業界では全く正反対のことが起きています。とにかく働いてくれる人がいるだけでもありがたいので、ブランクどころか未経験でも丁重に迎え入れられることが多くあります。そのため、出産や育児を数年かけて終わらせた女性が、介護の現場に再び舞い戻ってくるケースはよく見受けられます。

仕事の感覚を思い出せれば、ブランクがあるからといって困ることはあまりないといえます。介護で一番大切なのは利用者さんとの触れ合いです。元々働いていた頃のコミュニケーションのスキルは、いくら現場を離れていたところで衰えるものではありません。経験があれば、スムーズに感覚を取り戻せるはずです。

したがって、介護職はセーフティネットのような役割も果たしていると見ることができます。一度介護の資格を取得して他の業界にチャレンジした人が、うまく行かずに介護業界へと戻ってくることもできます。とりあえず無職にならずに済むという意味においては、介護系の資格を取っておくのは賢い選択になるでしょう。万が一のときでも、介護の仕事に就けるのだと思えば、安心して様々なことにチャレンジができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です